草津温泉。人生の大先輩達と童謡唱歌を歌ってきました。

f:id:satoko_ochiai:20190530132716j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190530132654j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190530132649j:plain

5/29(水)。前日から群馬県草津温泉に来ていて、この日は、午前は老人ホーム、午後はデイケアサービスの施設で、ミニコンサートを行ってきました。
.
童謡唱歌や昔なつかしの歌謡曲は、ご高齢の方々の心に、身体に、染み込んでいます。30分、ほぼノンストップのステージでしたが、午前中の会場では、おじいちゃんもおばあちゃんも、皆さんが大きな声で一緒に歌ってくれました。午後の会場では、比較的静かではありながらも、口元が一緒に動いたり、歌う私をじっと見つめてるかたがいたり。コンサートが終わってから「こどものころを思い出しちゃったわ」というおばあちゃん。職員さんは「みなさん、いつもと違う表情をしています」と言っていました。
.
おじいちゃんおばあちゃんの心の潤いに、施設のかたも新しい発見があったようですし、慰問コンサートを手配してくれた草津の友人・なぼちゃんも驚いていました。「みんな、歌集も見ないでほとんどフルコーラス歌えるんだ!」って。そうなんです。そして、みなさんの生き生きとした姿を見て、歌の力をしみじみと感じてくれたようです。
.
若かりし日の私は、童謡唱歌は、歌う機会があってもイマイチ興味がなかったし、どう歌ったら良いのかわかりませんでした。あれから、20年以上経った今は、歌いたい、もっともっと歌いたい、と思います。いろいろな土地、いろいろな町のみなさま、どうぞ声をかけてください。なぼちゃん、素敵な機会をありがとう!