5年ぶりの みみみ堂、ありがとう!

f:id:satoko_ochiai:20190613223013j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190613223024j:plain

6月9日(日)。初・敦賀ライブの翌日は、五年ぶりの神戸みみみ堂。笹子さんとの関西ライブのリハは神戸ですることが多く、そのあとは大抵こちらの美味しいカレーを食べに(&呑みに?)立ち寄るのですが、今回、ようやく歌いに来れたのです。
.
こちらも、お客様がどれだけ来てくださるか心配ではあったのですが、ギリギリでどんどこ予約が入り、結果、たくさんのお客様と一緒に時間を過ごすことができました。
.
みみみ堂さんのSNSでの事前のライブ告知では、とても嬉しいことを毎日のように書いてくれていました。例えばこんなことを……「日常のささやかなことや、ふとした思い。そんな誰にでもある感情をなぜこんなに表現できるのですか。私の琴線にふれまくる落合さんの歌詞と歌。笹子さんのギター。個人的には女性の方にももっと聴いて欲しいなぁ。」♡。
.
そして、みみみ堂さんの思惑通り(?)、ライブ当日、特に、同世代女子達のハートに、歌がしっかり届いたようです。「モンブラン」がしばらく頭を支配したようですし、「キリギリス」では「胸が痛い……」と。「私はキリギリスにならないように頑張ります!」と言ってくれた人もいました(結婚をちゃんとしますっ的な………うふふ)。この日、お友達への弔いの気持ちもこめて歌った「こんにちは さようなら」も、同じような出来事が重なったお客様の胸に残ったようです。あたらしいうた「透明な地図」は、歌い込んでゆくことでどんどん成長してゆく歌だと思います。
.
こうして振り返ってみると、やっぱり、私、日々のできごとを歌にすることが、好きです、というか、こうゆうことをもっとやりたい、もっとつくりたい、もっと歌いたい、と思います。量産をする気は全くないけど(できないし)、つくり続けて歌い続けたい。改めてそう思いました。
.

笹子さんとのコンビネーションは、良い意味で、ふたり、という意識がどんどんなくなっているのを感じます。おおきなひとつのエネルギーみたいな感じかなぁ。それだけ相手を信頼してるってこと!カポをつけ忘れたりしても許します〜!
.
打ち上げで、みみみ堂の佐野坂さんが語ってくれた私の歌の感想が、なかなか興味深かったのデス。「決しておしつけではない、なんだか泣けてきちゃうような、あったかさ」みたいなことの例えで話してくれた、とある居酒屋さんのママの話、わかるようでわからなかったけど(笑)、その時の、佐野坂さんの手つき、しぐさ、口調‥‥‥気持ちは、よ〜く伝わってきました。そして、それを聴いた私がなんだか泣けてきちゃうのでした。
.
お陰様で良い夜になりました。みみみ堂の佐野坂さんご夫婦、壁に貼ってある猫ちゃんを描いてくれたイラストレーターの松栄舞子さん(お逢いできて嬉しかった!)、お集まりくださった各方面の全ての皆様、そして笹子サマ!本当にありがとうございました。みなさんに感謝です。

f:id:satoko_ochiai:20190609211037j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190613223007j:plain

 

f:id:satoko_ochiai:20190613223222j:plain



敦賀のみなさま、はじめまして!でした。

f:id:satoko_ochiai:20190613144853j:plain

6月8日(土)。初めての敦賀でした。SNSを通じて知りあったお江戸出身敦賀在住の音楽LOVEなオジサマ、井上さんの計らいで実現した笹子さんとのライブ。いちシンガーソングライターが初めての土地でライブをやる時は、いつもにも増して集客が大変なのです……が………本当にありがたかった!とってもたくさんのかたがたが来て下さったのです!井上さんの人間パワーに驚きました!
.
笹子さんとの事前の打ち合わせでは「お客さんの顔をみながら、臨機応変に曲を変えましょう」。というわけで、やっぱり登場したお酒シリーズ(やる予定ではなかった)や、日本語ジャズも、大いに楽しんでいただきました。また、オリジナルでは、モンブランが人気でした。知らない歌、いわゆる、私のオリジナルの歌たちも、みなさん丁寧に聞いてくださいました。
.
終演後は、会場のダイハードさんでそのまま打ち上げ。残った皆さんと、いろいろな話に花が咲きました。私は「高校生の時にドラムをたたきながら歌っていたんです〜」と言うと、音楽好きなオジサマ達が「カレン・カーペンターみたいで、いいですねぇ」と。いやいや………「C-C-Bがきっかけだったんですヨ」とカミングアウト(?)。そんな私、今も、しっかり音楽やり続けてます。笹子さんは、美味しい地酒をたくさんいただき、音楽のカテゴライズなどについて熱く語っていました。翌日、全然覚えていないようでしたけど!
.
井上さん、家族総出だった会場のダイハードさん、お越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。また、きっとお逢いできますよう。もっと良い時間を共にできますよう!井上さん、今後ともよろしくお願いします、にゃ〜(←甘えている猫なで声)。笹子さん、ありがとうございました&忘れ物にご注意〜!

f:id:satoko_ochiai:20190613144848j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190613145101j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190613145212j:plain







今月のKRYラジオ。ウグイスの声と共に「歌でも歌ってあげましょか」。

f:id:satoko_ochiai:20190603081535j:plain

今朝は、月に一度のKRYラジオ「おはようKRY」電話出演でした。
.
先月後半は関東に行っており、千葉、東京、群馬で歌ってきて、今週末は、福井、神戸に行きます。そのハザマでの山口タイム。家の周りではウグイスが歌っていて、その声にうっとり。放送で言うタイミングがなかったのですが、カエルの大合唱も始まった時期で、夜はとても賑やかです。
.
というわけで「ウグイス」が歌詞に出てくる「歌でも歌ってあげましょか」をお聞きいただきました。ウグイスは、夏になっても歌っている鳥なんだということを、大人になってから知ったのです。
.
この歌は、5th アルバム「satoko ochiai」に収録されています。ぜひ、CDでもお聞きください。

山口でうまれた歌。「歌の歌」2019年版はこちらから。


山口でうまれた歌。山口市立大殿小学校合唱部が歌う「歌の歌」2019年版をアップしました。是非御覧ください!

山口でうまれた歌。6月は密かに人気の「あなたとわたし」。


山口CATV「山口でうまれた歌」6月は「あなたとわたし」をもう一度。とっても意外なところで、この歌が大好きだ、という方に出会いました。地味な歌でありながら、ちゃんと届く人のところには届いているんだなぁ、と、嬉しさを噛み締めました。皆さんの心には届くかしら。

草津温泉。人生の大先輩達と童謡唱歌を歌ってきました。

f:id:satoko_ochiai:20190530132716j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190530132654j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190530132649j:plain

5/29(水)。前日から群馬県草津温泉に来ていて、この日は、午前は老人ホーム、午後はデイケアサービスの施設で、ミニコンサートを行ってきました。
.
童謡唱歌や昔なつかしの歌謡曲は、ご高齢の方々の心に、身体に、染み込んでいます。30分、ほぼノンストップのステージでしたが、午前中の会場では、おじいちゃんもおばあちゃんも、皆さんが大きな声で一緒に歌ってくれました。午後の会場では、比較的静かではありながらも、口元が一緒に動いたり、歌う私をじっと見つめてるかたがいたり。コンサートが終わってから「こどものころを思い出しちゃったわ」というおばあちゃん。職員さんは「みなさん、いつもと違う表情をしています」と言っていました。
.
おじいちゃんおばあちゃんの心の潤いに、施設のかたも新しい発見があったようですし、慰問コンサートを手配してくれた草津の友人・なぼちゃんも驚いていました。「みんな、歌集も見ないでほとんどフルコーラス歌えるんだ!」って。そうなんです。そして、みなさんの生き生きとした姿を見て、歌の力をしみじみと感じてくれたようです。
.
若かりし日の私は、童謡唱歌は、歌う機会があってもイマイチ興味がなかったし、どう歌ったら良いのかわかりませんでした。あれから、20年以上経った今は、歌いたい、もっともっと歌いたい、と思います。いろいろな土地、いろいろな町のみなさま、どうぞ声をかけてください。なぼちゃん、素敵な機会をありがとう!

良い夜でした。マルカートさんとの東京デートvol.3。

f:id:satoko_ochiai:20190527110027j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190527110041j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190527110021j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190527110056j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190527110112j:plain

5/25(土)。マルカートさん(from札幌)との東京デートvol.3でした。この日の気持ちあえて言葉で言うならば「いい夜だった〜〜〜」。
.
数年ぶりに来てくれた人が「歌が前にも増してすごくよくなってる!ステージがひとつもふたつも上がってる!歌とピアノも一体化しているというか、、、」といったことを言ってくれました。また、初めて私の歌を聴いた女性は「この空間を(=お客様の気持ちを)、自然とひとつにまとめて、それで進行していくなんて...素敵!」と言ったような感想を聞かせてくれました。
.
どちらも、私が日々考えていることなので、とても嬉しかったのです。と、同時に、私ひとりのちからではなく、マルカートさんのおかげでもあるのです。先に、彼女の素晴らしいステージがあるからこそ、私も自分らしくしっかりやろうと思えるし、彼女が十分に会場をあたためてくれているから、それをしっかり受け継ぎ、かつ、のびのびとステージができるのです。のびのびしすぎちゃったかもしれない箇所もあったくらい!久々に「猫人間のあたし」もやったし!
.
最後に3曲、マルカートさんと一緒に演奏しましたが、彼女とは昔、コーラスユニットをやっていただけあって、ハーモニーには自信があります!みなさんも、半ば、おどろき!といった感じで、楽しんでくれました。
.
翌日の夜、ふたりで、ちいさな打ち上げをしました。二人で何度も口にしました。「あ〜〜〜〜、いい夜だったね〜〜〜」。ほんとに。次回が今から楽しみです。
.
お越しいただきたみなさま、下北沢サーカスのカトゥーさん&ベベさん、ありがとうございました!最後の写真は、ベベさん手書きの「東京デート」限定メニュー。右端の猫のイラストに注目!私の普段の猫イラストを真似た「ベベ猫ちゃん」!そっくり!

f:id:satoko_ochiai:20190525182356j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190527114846j:plain

ライブ撮影:愛茉さん