ラジオ番組「落合さとこ ラジオ招き猫」のお知らせ

 

f:id:satoko_ochiai:20190714191758j:plain


月に一回ですが、久しぶりにラジオ番組を担当することになりました。山口県山陽小野田市FMサンサンきららのスタジオから、生放送でお届けします。サイマル放送スマホ、PC)なら全国どこからでも聞けます。何回続くかは未定。まずは始めてみます。音楽、おしゃべり、朗読、生演奏。いろいろ駆使して福を招きます。全国からスポンサー&メッセージを大募集中!
.
ラジオ番組「落合さとこ ラジオ招き猫」
.
◆放送日:第2水曜日の午後3時~4時 初回放送 8/14(水)
◆放送局:FMサンサンきらら(山口県山陽小野田市 89.7MHz)
 ※サイマル放送(インターネット配信)で、全国どこでも、スマホやPCからお聞き頂けます。
◆番組スポンサー&応援サポーター募集:
 毎月千円~上は青天井!企業様でも個人様でも、全国どこでも大歓迎です。
【現在決まっているスポンサー】:田口ピアノ工房さん
◆メッセージ募集:生放送中でも、それ以外の時間でも!
 FMサンサンきららメッセージ
◆番組のお問い合わせ:
 FMサンサンきららメッセージ   
 落合さとこweb site メッセージ

山口でうまれた歌。7月はやっぱり食べたい「ぶどうパン」!



というわけで、月が変わり、山口CATV「山口でうまれた歌」も歌が変わりました。今月は、私の大好きな(歌も現物も)「ぶどうパン」を、もう一度。なんてことない歌なんですが、好きなのです。撮影地のパン屋さん「KURA」さんもご無沙汰なので、そろそろ行きたいな。

 

今月のKRYラジオ。先日のライブで好評だった「鼓動」。

f:id:satoko_ochiai:20190701092716j:plain

今日から7月ですって!? 早いものです。今日7/1は、第一月曜日、KRYラジオ電話出演でした。
.
先日のライブの話をしたのですが、なんと、そのライブに札幌から来てくださった方がいたのです!驚きました!そしてその理由が、なかなかなモノでして。。。これは、ラジオをお聞きいただいた方のみぞ知るってことで。ウフフ。でも山口の魅力ってすごいなぁ!としみじみと思いました。
.
歌は、このライブで一番人気だった「鼓動」を選びました。CD「ランプと靴下」からの音源だったのですが、放送を聴きながら「声が若い」「でも歌として全然こなれてないわ」などと思う私でありました。でも是非みなさんにお聞き頂きたい一枚です。落合さとこweb site やアマゾンからお買い求め下さい。

ミクロからマクロまで。wakayama弾き語りワンマンLIVE。

f:id:satoko_ochiai:20190627212158j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190627212056j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190627201039j:plain


6
27()。私にしては5月から本番が立てこんで、なんでこんな時期にwakayamaでのライブを入れちゃったんだろう…とちょっと後悔した6月初旬。そうは言っても、自己表現の極みである弾き語りワンマンはほとんどやっていない。「だから自分の為にやろうって決めたんじゃないの!」と思い直して取り組んだこの日。

.

不思議なことに、この日は最初から全然緊張しなかったのです。ぱ~っと開いている感じがして、エネルギーが自然と放出されているように感じました。ピアノ弾き語りというよりは、うたとピアノをつかって放出した「わたし」を、皆さんが感じて、かつ、その中に、みなさんも「みなさん自身」を感じるというか……私が常日頃から考えている理想に近いようなことが、思いがけず、ちょっぴり実現できたように思います。

.

お客様からは「しみてくるわいてくる…言葉で言い表せない気持ちを感じました」「なんでかわからないけど涙が出ました」といった感想をたくさん頂きましたし、「ピアノ一台と人間が一人とは思えない」という意見も聞きました。「すごいパワーを感じました」とか「現実なんだけども幻みたい」とも。すごく小さいところからとてつもなく大きなところまで、そう、ミクロからマクロまで、みなさん、ビンビンに感じてくれたようです。笑うところでは大いに笑っていただいたし。

.

他界した友人のことを綴ったエッセイを朗読してからの「どんぶらこ」「生きる」「鼓動」(←今回の一番人気でした)は、我ながら良い流れだったと思います。また、お馴染み「モンブラン」「どぶ猫ブルース」「皮膚」などもお届けし、全17曲を歌いました。カバー曲は今回は有名なアニメソング!内容は来た人だけのヒミツ。全体としては、MCも含め、死生観や人生観の強いステージとなりました。

.

次回のワンマンがどんな風になるのか全く予想がつきませんが、あるがまま、なすがまま、です。でも、今回のように「わたし」を放出できたらいいにゃぁ。

.

お馴染みのwakayamaさんという空間に感謝。店主のアキモトさんご夫妻にも感謝。来てくださった皆さんにも、感謝!
.
ライブ写真:牧 徹

f:id:satoko_ochiai:20190629182035j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190629213911j:plain




イベントゲストで弾き語り。

f:id:satoko_ochiai:20190629151233p:plain

6月23日(日)。CS赤れんがにて、30分の弾き語りをしてきました。イベント内容は今年で三度目の産婦人科の先生によるピアノコンサート。山口市内にある樫田産婦人科の樫田先生が演奏されるのですが、そのゲストとしてお声がかかりました。クラッシックやポップスなどの素敵なピアノ演奏(時にフルートも参加)の合間に……… オリジナルの歌モノって、どうなの?と当初は気になったのですが、企画者である「やまぐち応援プロジェクト」の徳丸さんが「何も気にせず、いつも通りやってください」と言ってくれたのをいいことに、「モンブラン」などオリジナル中心でお届けしました。
.
とはいえ「このイベントならでは」の選曲も大事にしたく、お母さんのお腹の中の様子を描いた「サイボウの不思議」もたっぷりお聞き頂きました。これは、私が作詞作曲を手掛け、NHKみんなのうたで2004年に初回放送された作品。歌ってくれたのはテツandトモでした。偶然にも、先日テツandトモNHKに出演していてこの歌を歌っていたという話をお客様から聞いてビックリ!見たかった〜!
.
クラシックやインストゥルメンタル(楽器演奏)が好きな方は、歌詞があるもの、いわゆる「歌もの」を、普段あまり聞くことがないと思うのですが(実際、樫田先生もそうだとおっしゃってましたし、この日のお客様の多くも、そうだったのではないでしょうか)、だからこそ、より丁寧に言葉を伝えようと心がけて、ステージに挑みました。結果、みなさん目を見開いて(そしてきっと心も開いて)、歌を聴いてくれているのを、しかと感じました。
.
歌っていいな、こうゆう表現世界もあるのだな、と、ひとりでも思ってくれたなら……私のステージは成功です!

f:id:satoko_ochiai:20190629143626j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190629151348j:plain

 

おうたの教室、の、発表会のようなもの。

f:id:satoko_ochiai:20190710222629j:plain


今頃の投稿なんですが………6月22日(土)。おうたの教室(ホームレッスン)に通っている皆さんの、発表会のようなものをやりました。進みたい方向も、声の質感も、似合う歌も、みなさんそれぞれ違います。だからこそ、みなさんそれぞれが、活きる、意味のあるレッスンを!と常日頃思っている、さとこ先生なのです。この日は(下手な)ピアノ伴奏をいたしました。
.
本番を終えて、みなさん「次ももっとがんばります!」と笑顔で言っていました。緊張はしたものの充実感がすごくあった様子。いいことだ〜!豪華ゲストは「アノアとペロ」。これぞプロ!という素晴らしい演奏でバッチリまとめてくれました!
.
マイペースなおうたの教室ですが、随時生徒さんを募集しています。お問い合わせはどうぞお気軽に。詳細はこちらをどうぞ→おうたの教室

5年ぶりの みみみ堂、ありがとう!

f:id:satoko_ochiai:20190613223013j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190613223024j:plain

6月9日(日)。初・敦賀ライブの翌日は、五年ぶりの神戸みみみ堂。笹子さんとの関西ライブのリハは神戸ですることが多く、そのあとは大抵こちらの美味しいカレーを食べに(&呑みに?)立ち寄るのですが、今回、ようやく歌いに来れたのです。
.
こちらも、お客様がどれだけ来てくださるか心配ではあったのですが、ギリギリでどんどこ予約が入り、結果、たくさんのお客様と一緒に時間を過ごすことができました。
.
みみみ堂さんのSNSでの事前のライブ告知では、とても嬉しいことを毎日のように書いてくれていました。例えばこんなことを……「日常のささやかなことや、ふとした思い。そんな誰にでもある感情をなぜこんなに表現できるのですか。私の琴線にふれまくる落合さんの歌詞と歌。笹子さんのギター。個人的には女性の方にももっと聴いて欲しいなぁ。」♡。
.
そして、みみみ堂さんの思惑通り(?)、ライブ当日、特に、同世代女子達のハートに、歌がしっかり届いたようです。「モンブラン」がしばらく頭を支配したようですし、「キリギリス」では「胸が痛い……」と。「私はキリギリスにならないように頑張ります!」と言ってくれた人もいました(結婚をちゃんとしますっ的な………うふふ)。この日、お友達への弔いの気持ちもこめて歌った「こんにちは さようなら」も、同じような出来事が重なったお客様の胸に残ったようです。あたらしいうた「透明な地図」は、歌い込んでゆくことでどんどん成長してゆく歌だと思います。
.
こうして振り返ってみると、やっぱり、私、日々のできごとを歌にすることが、好きです、というか、こうゆうことをもっとやりたい、もっとつくりたい、もっと歌いたい、と思います。量産をする気は全くないけど(できないし)、つくり続けて歌い続けたい。改めてそう思いました。
.

笹子さんとのコンビネーションは、良い意味で、ふたり、という意識がどんどんなくなっているのを感じます。おおきなひとつのエネルギーみたいな感じかなぁ。それだけ相手を信頼してるってこと!カポをつけ忘れたりしても許します〜!
.
打ち上げで、みみみ堂の佐野坂さんが語ってくれた私の歌の感想が、なかなか興味深かったのデス。「決しておしつけではない、なんだか泣けてきちゃうような、あったかさ」みたいなことの例えで話してくれた、とある居酒屋さんのママの話、わかるようでわからなかったけど(笑)、その時の、佐野坂さんの手つき、しぐさ、口調‥‥‥気持ちは、よ〜く伝わってきました。そして、それを聴いた私がなんだか泣けてきちゃうのでした。
.
お陰様で良い夜になりました。みみみ堂の佐野坂さんご夫婦、壁に貼ってある猫ちゃんを描いてくれたイラストレーターの松栄舞子さん(お逢いできて嬉しかった!)、お集まりくださった各方面の全ての皆様、そして笹子サマ!本当にありがとうございました。みなさんに感謝です。

f:id:satoko_ochiai:20190609211037j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190613223007j:plain

 

f:id:satoko_ochiai:20190613223222j:plain