山口でうまれた歌「卒業」2019年版は、こちらから。



山口でうまれた歌、山口市立良城小学校合唱団が歌う「卒業」2019年版は、こちらからどうぞ。毎年、卒業生も参加してくれるのですが、ぐっと、お兄さん、お姉さん、な感じがします。

山口でうまれた歌。4月は久しぶりに「ガタンゴトン」。

山口CATV「山口でうまれた歌」。4月は、久しぶりに「ガタンゴトン」を持ってきました。この歌がうまれた頃は、まさに山口線は「黄色い列車」が走っていたのですよね。都会っ子の私としては(笑)、ディーゼル列車が新鮮でしたし、ましてや蒸気機関車なんて、鼻血もんでした。ケンコさんの男らしい歌声でお楽しみください。
.
山口でうまれた歌 web:http://www9.plala.or.jp/yamauta/

 




今月のKRYラジオ。新年度スタートで「幸せの汽笛」。

f:id:satoko_ochiai:20190401075405j:plain

今朝のKRYラジオ。いよいよ新年度もスタート!新生活スタート!そのムードに便乗して、我が家のダイニングテーブルも新調しました!というご報告。
.
そもそも、ウチのキッチンで使っていたテーブルは細長すぎて、向かい合って「いただきます」をしようとするならば、ごっつんこしそうな勢いなので、ジャストサイズにしたいとずっと思っていたのです。そしてこの度、リサイクルショップでゲット!(新品じゃないところがミソ!)。お陰でルンルンの新年度スタートです。
.
選んだ歌は、テーブルの歌じゃなくて(そんなんないし)新年度スタート=新たな旅立ちということで、「幸せの汽笛」をお聞き頂きました。今日のようなお天気の日は、SLに乗ったら気持ちいいですね。久しぶりに乗りたくなってきました!今日もみなさん良い1日をお過ごしください!

落合さとこフォトブック「今日はこんな日」2018年版受付開始します。

f:id:satoko_ochiai:20190330121506j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190330121554j:plain

毎日SNSに投稿してる「今日はこんな日」をまとめた、2018年版のフォトブック。実は、今年初めに既に完成していたのですが、なかなか告知をするタイミングが見つからず、今頃のお知らせになってしまいましたが、販売の受付を開始します!2018年は、渋めのブラック!ページをめくる度にいろいろと振り返ってニヤニヤしたりして、しばらく経ってからまた思い出したように手にしてニタニタして、何度も楽しめちゃうんだよな〜、これが!
.
ちなみに、過去の分(2014年~2017年)も、また受注できるようになりました!是非この機会にコンプリートしてください!
.

++++++++++++++++++

落合さとこ・フォトブック「今日はこんな日」
.
★2018年版①(1~6月)→NEW!! 
★2018年版②(7~12月) →NEW!!
・2014年版①(1~6月)
・2014年版②(7~12月)
・2015年版①(1~6月)
・2015年版②(7~12月)
・2016年版①(1~6月)
・2016年版②(7~12月)
・2017年版①(1~6月)
・2017年版②(7~12月)
.
すべて、A5サイズ、144ページ、厚さ120mm。
価格(税込/送料込み):1冊¥1600。2冊¥3000。
例えば、2018年版両方で¥3000ということです。
ご注文頂いてから1週間程度お待ち下さい。
お支払方法は、下記リンク先をご確認ください。
http://ochiaisatoko.com/webshop/

 

ライブ企画して下さるかた、募っています!

f:id:satoko_ochiai:20190327175611j:plain

【猫人間からのお知らせ】(というかお願いですなぁ)
.
ライブ、いろんな土地でやりたいんです。企画して下さる方、お店、コミュニティ………常に、募っています!場所、時期、予算、編成………問わずなんですが、

.
特に、7月中旬〜末くらい、首都圏・関東でのササゴさんとのDUO、募っています。情報だけでもOK!お気軽にメッセージください〜。
.
.
というわけで、よろしくお願いいたします。(SNS用の手書き告知が案外良い塩梅だったので、ここにも掲載してみました)
ochiaisatoko.com

猫の真珠 春の山口ツアー#3 最終日は初会場・LisMさん。

 

f:id:satoko_ochiai:20190317183216j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190317182955j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190317192002j:plain

3daysの最終日、3/17は、初会場、防府の「LisM Cafe &Life style」。略して「リズム」さんと呼んでいます。こちらの青木さんに出会ったのが昨年。リズムさんのコンセプトが「豊かさをそばに」だと知り、「心の豊かさには良い音楽がピッタリです!」と、コンサートの企画をお願いしていた、猫人間のあたしなのでした。
.
冒頭は、久保研二氏によるコーヒーについてのミニトーク。リズムさんに置いてあるイタリアのカフェマシーン「ラ・チンバリ」の素晴らしさが、皆さんにもバッチリ伝わったのではないでしょうか。
.
コンサートの方は、三日目とあって、ほどよくリラックスした状態で。選曲や曲順も大まかには決めてはいるものの、途中で臨機応変に変えたりしながら。笹子さんも「ここでこう変更して良かったですね。僕もそう思ってました」ということが度々あり、あぁ嬉しや。三日連続フル出場、盛り上がった「コーヒールンバ」は、実は笹子さんは三日連続でカポつけ忘れて違うキーでの演奏、あぁ悲しや。それもライブならではということで!
.
初会場、初防府だったこともあり、私のライブをちゃんと聞くのは初めてだという人も多かったのですが、皆さん、とても良い表情で聞いてくれました。何より嬉しかったのは、リズムのスタッフの皆さん(美人さんばかり!)の終演後の笑顔が、開演前にも増してキラキラしていたこと。音楽が良い効果をもたらしたに違いありません!特に「歌とギターだけで、あんなに迫力があるライブになるとは思っていませんでした!」と。ふっふっふ!

f:id:satoko_ochiai:20190317185353j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190317191359j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190317192010j:plain

この日のお客様のお言葉を、ちょっぴり引用させて頂きますネ。
.
「さとこさんの作られた歌の数々、本当に心に染みましたよ。特に『モンブラン』とか、『コーヒーの歌』とか…家族のことパートナーの関係を見つめなおす機会になりました。彼女の経験を歌にしているのかもしれませんが、聴く人それぞれが、自分の大事な人を思い出しながら聴いたはずです。」
.
家族、パートナー、友達……人との関係にはいろいな言葉がありますが、要は「自分の大事な人」について、何かを感じ考えるきっかけになったなら、嬉しいです。
.
「豊かさをそばに」=「音楽をそばに」。また、リズムに集う皆さんと、豊かさを一緒に満喫したいと思います。リズムさん、この度は企画をして下さりありがとうございました。笹子さん、久保さん、関わってくださったみなさん、ありがとうございました。

f:id:satoko_ochiai:20190317205339j:plain
f:id:satoko_ochiai:20190317213011j:plain

(写真:牧 徹)

f:id:satoko_ochiai:20190323144501j:plain



猫の真珠 春の山口ツアー#2 念願の「日本酒の会」に参戦。

f:id:satoko_ochiai:20190322194403j:plain

3daysの二日目、3/16。会場は前日と同じwakayamaさん。しかしながら、内容が全く違います。もともとwakayamaは酒屋さんなのです。そして、この日は、お店主催の日本酒を楽しむ会!「日本酒好きの笹子さんをお酒で釣って、ついでに演奏もしてもらおう」という、私とwakayamaオーナーの穐本さんの作戦。この日があったからこそ、今回の3daysが実現したという事実もあります。
.
会は、永山酒造の社長さんによる日本酒の話を聞きながら、山口県内の5種類の純米酒を、集まった二十数人と一緒に呑みくらべ。モチロンお料理も。私もちゃっかりしっかりお酒も食事も頂きました。甘口とか辛口とかあまりわからないながらも、自分の中で好みはハッキリしていて、好きな味のお酒のコップはすぐに空になっちゃいました。笹子さんも上機嫌。
.
みんながへべれけになった頃に、魔の演奏タイム。日本酒のCMソング系でつかみはバッチリだったのですが、やっぱり皆さん、い〜い感じにほろ酔いになってるので、だんだんザワザワ。こりゃいかん!ということで、日本酒の会なのにやっぱり登場、前日に盛り上がった「コーヒールンバ」!熱い笹子さんのギターとオチアイサンの歌に、会場が再びひとつに!!そして、そのまま力技で押し切る!!笹子さんが選曲をリードしてくれる場面もあって、実はとても嬉しかったのです。二人でつくり上げるステージって感じで!(酒の席だけど!)。すっかりいい気になって、アンコールを2曲もやっての約30分のステージ、いい経験をさせて頂きました。
.
穐本さん、またお誘い下さいネ。笹子さん、またのお誘いを楽しみにしていて下さいネ。

f:id:satoko_ochiai:20190322194356j:plain

f:id:satoko_ochiai:20190322194439j:plain